アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
整体光庵のなんやら、かんやら
ブログ紹介
赤羽にあります整体光庵の代表 藤崎光生が春夏秋冬に綴ります
「からだのこと」「日々のこと」あれこれ不定期便
zoom RSS

ー正月病ー

2017/01/16 22:11
正月病という名前を初めて知った。
休み明けのだるさや疲れの事で、忙しい年末から正月は一変して夜更かしや
飲食の機会が多くなる。
しかしそれが明けると再び忙しくなる。そんな短期間での大きな生活リズムの変化が
原因らしい。
体を動かし風呂であったまって、さっさと寝る。
これにつきるようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーこりゃいかんー

2017/01/12 15:45
そもそも健啖で正月も、日常の肉体労働はないのに手を伸ばせば食べ物にあたる状態だったので
モリモリ食べていた。

暮れから正月明け、体重計れば5sのおみやげ一つと足の甲に不気味な違和感がもうひとつ。
これはつつ・・・う風か。
まさに今、負のサイクルが回り始めようとしている。
短い期間でのデブはもちろん短い時間でおとす・・・つもりである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー青の洞窟ー

2017/01/09 19:26
そんな訳で、それからなかなか外出もままならない息子なのだが、
クリスマスイルミネーションが見たいというので、車椅子を車に積みみんなで出掛けた。
行き先は、代々木体育館横のイルミネーション、その名も「青の洞窟」。
街の喧騒で無口になり、軽い頭痛をおぼえながらも、思いがけないまばゆさに救われました。


画像



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーたまの多摩のアクシデントー

2017/01/06 15:47
息子は動物が好きなので動物園も大好きだ。
先日、多摩動物園に2人で行った。
ここは、山裾に作られていて、移動はすべてが坂道になる。
なかなかの体力派動物園である。
もう何回も行っているので園の地図は彼の頭にすっかり入っていて、
一匹、一頭残らず見て回り、お気に入りの「もぐらの家」には3回程寄っていく。
今回新しくタスマニアンデビルが来ていた。
そのデビルが広い飼育場を走れば、彼もついて走った。

そんなのりのりな息子だったが最後の最後
坂道で思いっきり足をくじいてしまった。
そしてその捻挫はギブスで固められてしまった程重かった。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーいい感じー

2017/01/03 21:14
患者さんから正月に向けての小さなアレンジメントを頂きました。
私はこう見えても、かわいらしげな感じが大好きなのです。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー2017ー

2017/01/01 15:38
明けましておめでとうございます。
私事ですが、去年といえば、スルメをかじれば前歯がポキリと折れ、
酒を飲めば、記憶のネジはポロポロ落ち、頭皮はますます磨きがかかってきたそんな一年でした。

なにはともあれ、一年を無事に過ごせた事に感謝し、
今年も人生の折り返しを淡々熱々と歩いていければと、願っています。
皆様にとって健やかで穏やかな一年でありますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー鉄板ネター

2016/12/29 15:38
大体の人が驚くネタをひとつ。

1万円札が100枚で100万円、その厚さは約1p。
よって、1千万円は積み上げると10p。
そして、1億円はその10倍なので約1m。
じゃあ1兆円はどのくらいの高さになるでしょう?



ほとんどの人は10mいや100 mかなと答える。
しかし、正解は何と10km。
富士山を3っ重ねたぐらいの高さになる。

実は、1億万円の 1万倍が 1兆。
一円と 一万円の違いなのだ。
我々庶民には全くもって関係がないのでピンとこない。
4倍の4兆円なんて横倒しにするとほぼ
フルマラソンの距離なのだ。

どこかで使って下さいませ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーゾウムシー

2016/12/27 15:50
よく見ると、ゴミのようなものが地味に移動していた。
ゴキ赤ちゃんでも、くも赤ちゃんでもない。
形hsゾウムシと似ている。
一円玉を置いてサイズの確認をしてみた。
その後、ジャングルベランダにおひきとり願ったのでした。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー路傍の木@ー

2016/12/23 19:11
樹木も秋になり葉が落ちてくると、いつもとは違う姿を見せてくれる。

このイガイガ君型の種の入った実は、よく地面に落ちているのだが、いつもは葉に隠れて
よく見えない。
こうして枝にぶらさがっているイガ君と少なくなった葉とのシルエットも美しい。


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー路傍の花Aー

2016/12/21 20:42
多分、万両です。
年も迫り正月が近くなると満を期しての登場となる訳です。
すり込まれた意識なのかもしれないが、この木を見れば目出度い感がわいてくる。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーシクラメン様ー

2016/12/19 21:01
シクラメンを頂いた。
冬に咲く花なので、皆が集まるような暖かいところに、置くとヘナヘナになるし、
水を上からかけるとヘナヘナとなる。
とてもヘナヘナづくしなのだ。
今年は、この気難しい女王様のご機嫌を伺い冬中咲かせたいと思っている。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ークリスマス仕様ー

2016/12/16 23:16
クリスマスの1ヶ月前になると治療室には色々グッズを飾っている。コーラのノベルティツリー、手作り巨大松ぼっくりwithどんぐりくんツリー、折り紙ツリー。
皆、患者さんから頂いた。
あと、かれこれ16,7年使っているミニリース。
80歳の男性の患者さんが作ってくれたサンタさん大勢。

それらを見ていると、いよいよ冬が来て、あとくしゃみの2,3回で今年も終わってしまうんだなと
思うのです。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーアメージング漢字ー

2016/12/14 21:39
本を読んでいると時々、何じゃこれはと思う文字にでくわす。

「七五三縄」。

調べてようやくわかった、「しめなわ」。
七五三で「しめ」って、文字数すらあってない。
ちなみに、読めなかった文字。
覚束ないーおぼつかない。
所以ーゆえん。
とっかかりも何もないので、丸ごと覚えるしかない。

ちょっと前までの感違い編としては、違和感を異和感と思っていたし、
「ーーがと切れる」の「と」は、てっきり途中の途と思っていたら跡が正解でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー心象画ー

2016/12/12 20:53
時間があったので何気に描いていたらこんな顔の絵ができた。
なんか、嫁と似ているような・・・。
娘にこれは心象画なのだと言ったら間違いなく新生姜?のアクセントで聞き返して来た。
アホだと思った。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーあやしいポスター ー

2016/12/10 14:17
相変わらず、少し控え気味に張ってある、怪しいポスターを再び見つけた。
以前のとすると、キッパリと主張が表に出ていて頼もしい。
しかも、今回はフリーダイヤルマーク付きだ。
だけど、このネット時代に、このポスター。
しかし、シニア男性も含んでいるので、きっとこれでいいのだろう。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー路傍の花@ー

2016/12/08 23:42
道端に花達をふと見ればハッとする姿がそこにはある。
名前は知らないが熱帯魚の色合いとイソギンチャクかエイリアンのような形。
虫達にはきっとイケ花に見えているのだろう。

画像



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー雪のあとー

2016/12/05 22:11
広い原っぱに雪だるまが、まるで蟻塚のように残っていた。
少し溶けて傾いた感じや、空間がとてもシュールだ。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー雪だー 。ー

2016/12/04 21:39
11月に雪が降ってきた。
とっても、ウキウキしてくる。
公園やサッカー場は、人の姿もなくシンとしていて、いつもとは違う気配が漂っている。
どこかの里山に来たようで、心と足どりは思わず軽やかになってくる。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー地震の事ー

2016/11/30 23:07
11月22日いい夫婦の日の早朝地震があった。
前の日は大酒飲まずに寝たので私でも起きてしまった。
それから、ずっとTVを見ていた。
津波が来ると言う事でアナウンサーが必死で呼びかけていた。

そもそも日本はプレートの上に乗っかっている大きな浮島のようなもので、
絶対避けされない。
いらぬ心配はしなくてもいいが、覚悟は必要だと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ー忘年会ー

2016/11/28 21:35
師匠と仲間達とだいぶ早い忘年会をいつものように赤羽でやりました。
これまたいつものように大酒を飲みペラペラしゃべり、これまた足をもつれさせながらの帰宅でした。
そして翌日はいつものように嫁のその晩の帰宅後の私の形態模写が始まり、それの2%ぐらいしか覚えていない、いつもの自分がそこに居ました。
そして、なるほどこれはまさに、文字違いの忘念会なのだと気づいてしまったのでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

整体光庵のなんやら、かんやら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる