整体光庵のなんやら、かんやら

アクセスカウンタ

zoom RSS ー雑学をひとつ(傷編)−

<<   作成日時 : 2009/04/14 21:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昔は良しとされた治療法でも 時がたてば 違うという事は よくあります。

たとえば すりむいたり 切ったりした時の治療もその一つです。

以前は 傷口をしっかり消毒して ガーゼを毎日取り替えるのが一般的でした。

しかし 消毒薬は細菌を殺しますが 自分の細胞も攻撃することにもなり 
傷のダメージを大きくします。

しかも 傷口から出る滲出液には 組織を再生させる為の成分が含まれています。

それで今はというと 水道で傷口を流して ラップのように密閉できるもので被い
乾燥させないようにする。

最近の絆創膏にも このようなタイプが多くみかける様になりました。

実際に治りも早いようです。

変われば変わるものですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ー雑学をひとつ(傷編)− 整体光庵のなんやら、かんやら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる